2011年01月21日

構造/回答1-5

第1問 応力計算1

正解1

**********************************************************

第2問 応力計算2

正解2

**********************************************************

第3問 応力計算3

正解3

**********************************************************

第4問 応力計算4

正解4

**********************************************************

第5問 応力計算5

正解4

設問の主旨から、A、B、Cのトラス斜材の断面積によりPC平材の変位は特に大きな影響を受けず、水平材の軸方向力の大小に比例する。斜材の軸方向力によって生じる変位は垂直変位となる。
posted by ぜんぞ at 18:09| 一級建築士問題/H21/学科IV(構造) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

法規/回答26-30

第26問 バリアフリー新法

正解3

3×
バリアフリー新法19条、同法施行令24条により1/10が限度となるので誤り。

**********************************************************

第27問 耐震改修法

正解3

3×
耐震改修法8条1項では、建築物の条件は問わないので誤り。

**********************************************************

第28問 罰則

正解4

4×
法101条1項1号により、工事施工者も罰則の適用対象となる。よって誤り。

**********************************************************

第29問 関係法令

正解4

4×
特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法5条2項により,誤り。

**********************************************************

第30問 建築基準法・建築士法

正解4

4×
法5条の4第1項により誤り。設問の建築物は、建築士法3条の3第1項の規定により、建築士でなければ工事管理ができない。
posted by ぜんぞ at 18:05| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

法規/回答21-25

第21問 建築士法

正解1

1×
建築士法施行規則3条では、所属する建築士事務所の名称は登録事項としていないので誤り。

**********************************************************

第22問 建築士法2

正解4
4×
建築士法23条の2の規定により、その建築士事務所の所在地を管轄する都道府県知事に登録を申請すればよいので誤り。

**********************************************************

第23問 建築士法3

正解3

3×
建築士法22条の2、同法施行規則17条の36では3年となっているので誤り。

**********************************************************

第24問 都市計画法

正解1

1×
都市計画法12条の5第7項2号では、建築構造、建築設備等の制限を定めることができない。

**********************************************************

第25問 消防法

正解3

3設けなくてもよい
消防法施行令21条1項3号に該当しないので設けなくともよい。
posted by ぜんぞ at 18:04| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

法規/回答16-20

第16問 建築面積・延べ面積

正解4

建築面積は560u
延床面積は2520u

**********************************************************

第17問 建築物の高さ

正解2

設問の建築物には法56条1項1号の道路斜線、2号の隣地斜線、3号の北側斜線がかかる。また、2つの用途地域にあるが、建築物の敷地は第二種中高層住居専用地域内にあるので、当該地域の制限でA点の高さを算定する。

**********************************************************

第18問 防火・準防火地域

正解2

2×
法62条1項で耐火建築物とすることは要しない。

**********************************************************

第19問 建築協定

正解2

2×
法76条1項では、土地の所有者等の過半数の合意があればよいので誤り。

**********************************************************

第20問 避難施設等

正解4


令129条の13の3第5項で、30m以下とされているので誤り。
posted by ぜんぞ at 18:03| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

法規/回答11-15

第11問 木造住宅等の構造強度等

正解2

2x
令43条6項の規定で、有効細長比は150以下としなければならないので誤り。

**********************************************************

第12問 構造強度

正解3

**********************************************************

第13問 構造強度

正解4


令81条2項1号ロに規定する限界耐力計算は、令36条2煩2号の規定で耐久性等関係規定に適合する構造方法を用いる。耐久性等関係規定は令36条に列記されており、設問の鋼材の圧縮材の有効細長比(令65条)はそこから除かれているので、250以下とすることを要しない。

**********************************************************

第14問 道路等

正解3

3×
あらかじめ建築審査会の同意を得なければならないのは、法42条6項で幅員が1.8m未満の道が対象となる。したがって誤り。

**********************************************************

第15問 用途制限

正解1

1新築できない
法別表第2(ほ)項4号により新築してはならない。延べ面積が3,000m2を超えている。
posted by ぜんぞ at 18:02| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

法規/回答6-10

第6問 防火・避難上の規制

正解2

2×
設問は法63条による屋根の構造を記述すべきところ、外壁について述べている。

**********************************************************

第7問 避難階段

正解1

1×
設問は避難階段についてなので、令123条2項3号に適合しなければならず誤り。令121条の2の規定は屋外の直通階段にのみ適用があるので注意する。

**********************************************************

第8問 防火区画等

正解3

3×
令112条9項本文で、準耐火構造の床・壁が要求されているので誤り。

**********************************************************

第9問 避難施設等

正解4

4×
令125条の2第1項1号により誤り。

**********************************************************

第10問 建築設備

正解2

2×
令129条の2の2第1項で、非常用照明装置の設置は除かれていないので誤り。
posted by ぜんぞ at 18:02| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

法規/回答1-5

第1問 用語の定義

正解3

3×
法2条6号により誤り。住宅に附属する塀は法2条1号により建築物であり、道路中心線から3m以下の距離にあるので、「延焼のおそれのある部分」に該当する。

**********************************************************

第2問 面積・高さ等の算定

正解2

2×
令2条1項6号ロにより誤り。北側高さ制限においては、用途や規模に関係なく高さに算入される。

**********************************************************

第3間 確認済証

正解4

4○
法87条1項の規定で、特殊建築物に用途を変更する場合は確認済証の交付を受ける必要があるが、設問は令137条の17第1号で「類似の用途」になっているので、確認済証の交付を受ける必要がない。

**********************************************************

第4問 手続き

正解1

1×
法68条の20第1項により誤り。確認のための審査は要しないが、完了検査は受ける必要がある。

**********************************************************

第5問 一般構造

正解2

2×
令22条の2第1号のイからハのいずれかに該当すればよいので誤り。
posted by ぜんぞ at 18:01| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

環・設/回答15-20

第16問 電気設備

正解2

2×
同一容量の負荷設備に電力を供給する場合、一般に、高い電圧での配電のほうが、低い電圧での配電に比べ細い電線を使用することができる。

**********************************************************
 
第17問 電気設備の計画

正解2

2×
配線用遮断器は、回路に過電流が流れることを防止するもので、過電流によって生じる各種障害から電気設備を守ることを目的とする。分電盤から各室へ電気を供給する全ての分岐回路に取り付ける。漏電遮断器は、漏電を検知して遮断するもので、漏電火災や漏電に伴う感電防止を目的とする。一般に、分電盤の主回路または水等の導電性の高い液体によって湿潤している場所への分岐回路に取り付ける。

**********************************************************

第18問 防災設備の計画

正解4

4×
建基令123条避難階段の構造が定められている。同条に、「屋内と階段室とは、バルコニー又は外気に向かって開くことができる窓若しくは排煙設備を有する付室を通じて連絡することと定められており、必ずしも機械排煙設備を設置しなくてもよい。

**********************************************************

第19問 エレベーター及びエスカレーター

正解4

4×
非常用エレベーターは高さが31mを超える建築物に設置され、消防隊の救助・消防活動を主な目的とする。

**********************************************************

第20問 環境負荷等

正解1

1×
日本建築学会の建物の環境負荷の手引きによると、排出されたCO2のうち約36%は建設関連分野から排出されており、そのうち建設と補修を除いた建物運用の占める割合は約66%とされている。

2011年01月06日

環・設/回答11-15

第11問 空気調和設備の計画

正解3

3×
一般の事務所ビルで、窓、壁、屋根等の構造体からの熱負荷を50%減少させても、執務する人や設備機器等からの熟負荷を減少させなければ、冷房用エネルギー消費量を50%減少させることはできない。
第12問 空気調和設備の計画

**********************************************************

正解3

3×
窓から流入する日射熱量を50%減少させても、外気と室内の温度差により生じる窓の熱貫流等を減少させなければ、窓からの最大冷房負荷を50%減少させることはできない。
  
**********************************************************

第13問 空気調和設備等

正解3

3×
中央式空調設備を設ける病院の機械
室の床面積は、一般に、延べ面積の5%程度必要である。

**********************************************************

第14問 給水方式の特徴

正解3

水道直結直圧方式は、水道本管から引込給水管で建物内に引込み、水道本管の圧力により各器具へ直接給水する方式である。給水圧力は給水本管の影響を受けるが、停電時も給水可能であり、設備スペースは最小である。
水道直結増圧方式は、水道本管から引込給水管で建物内に引込み、増圧ポンプにより各器具へ給水する力式である。給水圧力は安定し、停電時はある程度給水可能である。設備スベースは小さい。
ボンブ直送方式は、水道本管から受水槽に貯水した水を、給水ポンプにより各器具へ給水する方式である。給水圧力は安定するが、停電時には給水不可能である。設備スペースは大きい。
高置水槽方式は、水道本管から受水槽に貯水した水を、揚水ポンプで屋上等に設置した高置水槽に送水し、高所からの落差を利用して給水する。給水圧力は安定し、停電時にも高置水槽分の給水が可能である。設備スベースは最大である。

**********************************************************

第15問 排水設備等

正解2

2×
地下ピットを利用して排水槽を設置
する場合は排水槽の底部に吸込みピツトを設け、底部の床は吸込みピットに向かって、1 /10〜1/15の下がり勾配を設けることと昭50建告1597号に定められている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。