2011年01月24日

構造/回答21-25

第21問 地盤及び基礎

正解4

4×
設問のような基礎の極限鉛直支持力は、一般の水平地盤に基礎がある場所に比べ小さくなる。

**********************************************************

第22問 地盤及び基礎

正解4

4×
設問の杭頭固定曲げモーメントは、径が小さい杭ほど小さくなる。

**********************************************************

第23問 基礎構造

正解4

4×
設問の長期詐容支持力Raは、基礎の材料の長期許容応力度以下の範囲で、地盤の破壊に基づく極限支持力Ruの1/3以下とする(平13国交告 1113号第5)

**********************************************************

第24問 構造計画

正解2

2×
建基令82条の3による保有水平耐力計算が要求される建築物である。塔状比が4.9で、4.0を超える場合は、転倒モーメントに対する杭基礎等の浮きあがりや地盤の圧壊についての耐力が極限支持力以上であるかを確認する必要がある(平19国交告594号第4)

**********************************************************

第25問 構造計画

正解3

3×
設問のねじれを抑制するためには耐震要素を建築物の外周部に分散して配置するほうが有効である。
posted by ぜんぞ at 18:14| 一級建築士問題/H21/学科IV(構造) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。