2011年01月24日

構造/回答16-20

第16問 鉄骨構造

正解1

1×
設問における材料をSN400BからSN490Bに変更した場合は幅厚比の制限値を小さくする必要がある(平12建告1792号(改正)第3第2号表)

**********************************************************

第17問 鉄骨構造

正解4

4×
突合せ溶接(完全溶込み溶接)のJISにおける記号表示は誤り。

**********************************************************

第18問 鉄骨構造

正解3

3×
引張材を負担する筋違いの設計において筋かいの降伏耐力より接合部の破断耐力を大きくする必要がある(昭55建告1791号第2弟2号)

**********************************************************

第19問 鉄骨鉄筋コンクリート構造

正解2

2×
柱の短期荷重時のせん断力に対する検討にあたっては、鉄骨部分と鉄笥コンクリート部分がそれぞれ分担する許容せん断耐力が設計用せん断耐力を下回らないようにする。

**********************************************************

第20問 構造計画

正解3

3×
設問の場合の4階の耐力壁のせん断補強筋比は許容応力度計算による検討をした場合でも、0.15%以上とする必要がある(平13国交1026号第6)
posted by ぜんぞ at 18:12| 一級建築士問題/H21/学科IV(構造) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。