2011年01月13日

法規/回答11-15

第11問 木造住宅等の構造強度等

正解2

2x
令43条6項の規定で、有効細長比は150以下としなければならないので誤り。

**********************************************************

第12問 構造強度

正解3

**********************************************************

第13問 構造強度

正解4


令81条2項1号ロに規定する限界耐力計算は、令36条2煩2号の規定で耐久性等関係規定に適合する構造方法を用いる。耐久性等関係規定は令36条に列記されており、設問の鋼材の圧縮材の有効細長比(令65条)はそこから除かれているので、250以下とすることを要しない。

**********************************************************

第14問 道路等

正解3

3×
あらかじめ建築審査会の同意を得なければならないのは、法42条6項で幅員が1.8m未満の道が対象となる。したがって誤り。

**********************************************************

第15問 用途制限

正解1

1新築できない
法別表第2(ほ)項4号により新築してはならない。延べ面積が3,000m2を超えている。
posted by ぜんぞ at 18:02| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。