2011年01月09日

法規/回答1-5

第1問 用語の定義

正解3

3×
法2条6号により誤り。住宅に附属する塀は法2条1号により建築物であり、道路中心線から3m以下の距離にあるので、「延焼のおそれのある部分」に該当する。

**********************************************************

第2問 面積・高さ等の算定

正解2

2×
令2条1項6号ロにより誤り。北側高さ制限においては、用途や規模に関係なく高さに算入される。

**********************************************************

第3間 確認済証

正解4

4○
法87条1項の規定で、特殊建築物に用途を変更する場合は確認済証の交付を受ける必要があるが、設問は令137条の17第1号で「類似の用途」になっているので、確認済証の交付を受ける必要がない。

**********************************************************

第4問 手続き

正解1

1×
法68条の20第1項により誤り。確認のための審査は要しないが、完了検査は受ける必要がある。

**********************************************************

第5問 一般構造

正解2

2×
令22条の2第1号のイからハのいずれかに該当すればよいので誤り。
posted by ぜんぞ at 18:01| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。