2010年11月29日

法規/11−15問

第11問 木造の一戸建ての住宅における構造強度等に関する次の記述のうち、建築基準法上誤っているものはどれか。

1.構造耐カ上主要な部分である柱の必要小径は、屋根をふく材料によって異なる場所がある。

2.構造耐力上主要な部分である柱の有効細長比は、200以下としなければならない。

3.最下階の居室の床が木造で、床下をコンクリート等で覆わない場合、原則として、その外壁の床下部分には、壁の長さ5m以下ごとに、面積3OOcm2以上の換気孔を設けなければならない。

4.木材を基礎ぐい、水槽、浴室その他これらに類する常時湿潤状態にある部分に使用する場合においては、その繊維力向の許容応力度は、常時湿潤状態でない場合の数値の70%に相当する数値としなければならない。


第12問 構造強度に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

1.コンクリートの短期に生ずる力に対する圧縮の許容応力度は、設計基準強度の2/3である。

2.炭素鋼を構造用鋼材として用いる場合、短期に生ずる力に対する引張りの許容応力度は、鋼材等の種類及び品質に応じて国上交通大臣が定める基準強度と同じ値である。

3.木材の繊維方向の長期に生ずる力に対する曲げの許容応力度は、積雪時の構
- ̄ ̄
  造計算を行う場所を除き、木材の種類及び品質に応じて国土交通大臣が定める曲げに対する基準強度の1/3である。

4.突合せ溶接ののど断面に対する許容応力度について、短期に生ずる力に対するせん断の許容応力度は、長期に生ずる力に対するせん断の許容応力度の1.5倍である。


第13問 構造強度に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

1.高さが31 mを超え、60m以下の建築物については、限界耐力計算又はこれと同等以上に安全性を確かめることができるものとして国土交通大臣が定める基準に従った構造計算による場合には、保有水平耐力計算又はこれと同等以上に安全性を確かめることができるものとして国土交通大臣が定める基準に従った構造計算を行わなくてもよい。

2.延べ面積が30m2を超える建築物において、軽量骨材を使用する鉄筋コンクリート造の柱に取り付けるはりの引張り鉄筋は、柱の主筋に溶接する場合を除き、原則として、柱に定着される部分の長さをその径の50倍以上としなければならない。

3.高さ13m又は延べ面積3000m2を超える建築物で、当該建築物に作用する荷重が最下階の床面積1m2につき100kNを超えるものにおいて、基礎ぐいを使用する場合には、原則として、当該基礎ぐいの先端を良好な地盤に達することとしなければならない。

4.鉄骨造の建築物において、限界耐力計算によって安全性を確かめる場合以外の構造耐力上主要な部分である鋼材の圧縮材の有効細長比は、250以下しなければならない。


第14問 都市計画区域及び準都市計画区域内の道路等に開する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

1.密集市街地整備法による新設の事業計画のある幅に6mの道路で、3年後にその事業が執行される予定のものは、建築基準法上の道路ではない.

2.建築物の各部分の高さの制限において、建築物の敷地が都市計画において定められた計画道路(建築基準法第42条弟1項第四号に該当するものを除く)に接し、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛星上支障がないと認める建築物については、当該計画道路を前面道路とみなす。

3.特定行政庁は、部市計画区域に編入された際現に建築物が立ち並んでいる幅員2mの道を指定して、建築基準法上道路とみなす場合においては、あらかじめ、建築審査会の同意を得なければならない。

4.特定行政庁は、街区内における建築物の位置を整えその環境の向上を図るために必要があると認め、建築審査会の同意を得て、壁面線を指定する場合においては、あらかじめ、その指定に利害関係を有する者の出頭を求めて公開による意見の聴取を行わなければならない。


第15問  都市計画区域内における次の建築物のうち、建築基準法上、新築してはならないものはどれか。ただし、特定行政庁の許可は受けないものとし、用途地域以外の地域、地区等は考慮しないものとする。また、いずれの建築物も各階を当該用途に供するものとする。

1.第一種住居地域内の「延べ面積4,000m2、地上4階建てのホテル」

2.近隣商業地域内の「客席の部分の床面積の合計が300m2、地上2階建ての映画館」

3.商業地域内の「1万個の電気雷管の貯蔵に供する平家建ての倉庫」

4.工業専用地域内の「延べ面積300m2、地上2階建ての診療所」
posted by ぜんぞ at 23:41| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。