2011年01月24日

構造/回答26-30

第26問 構造計画

正解1

1×
長い杭の鉛直支持力は、地下室を設けることにより、一般に杭頭部分の摩擦力が部分的に低減するが、杭の全体的鉛直支持力の安全性を低下させるとはいいきれない。

**********************************************************

第27問 材料(木材)

正解3

3×
木材の繊維方向の材料強度は、一般に、引張強度より圧縮強度のほうが大きい(平12建告1452号)

**********************************************************

第28問 材料(コンクリート)

正解1

1×
セメントの粒子が小さいものほど、コンクリートの初期強度の発現が早くなる。

**********************************************************

第29問 材料(金属)

正解2

2×
建築構造用ステンレス鋼(SUS304)のヤング係数は、アルミニウム合金に比べて大きい。

**********************************************************
第30問 総合

正解2

2×
品確法の「耐震等級」においては、等級1より等級2はより大きな地震力(1.25倍)に対する性能を有している。

posted by ぜんぞ at 18:15| 一級建築士問題/H21/学科IV(構造) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

構造/回答21-25

第21問 地盤及び基礎

正解4

4×
設問のような基礎の極限鉛直支持力は、一般の水平地盤に基礎がある場所に比べ小さくなる。

**********************************************************

第22問 地盤及び基礎

正解4

4×
設問の杭頭固定曲げモーメントは、径が小さい杭ほど小さくなる。

**********************************************************

第23問 基礎構造

正解4

4×
設問の長期詐容支持力Raは、基礎の材料の長期許容応力度以下の範囲で、地盤の破壊に基づく極限支持力Ruの1/3以下とする(平13国交告 1113号第5)

**********************************************************

第24問 構造計画

正解2

2×
建基令82条の3による保有水平耐力計算が要求される建築物である。塔状比が4.9で、4.0を超える場合は、転倒モーメントに対する杭基礎等の浮きあがりや地盤の圧壊についての耐力が極限支持力以上であるかを確認する必要がある(平19国交告594号第4)

**********************************************************

第25問 構造計画

正解3

3×
設問のねじれを抑制するためには耐震要素を建築物の外周部に分散して配置するほうが有効である。
posted by ぜんぞ at 18:14| 一級建築士問題/H21/学科IV(構造) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

構造/回答16-20

第16問 鉄骨構造

正解1

1×
設問における材料をSN400BからSN490Bに変更した場合は幅厚比の制限値を小さくする必要がある(平12建告1792号(改正)第3第2号表)

**********************************************************

第17問 鉄骨構造

正解4

4×
突合せ溶接(完全溶込み溶接)のJISにおける記号表示は誤り。

**********************************************************

第18問 鉄骨構造

正解3

3×
引張材を負担する筋違いの設計において筋かいの降伏耐力より接合部の破断耐力を大きくする必要がある(昭55建告1791号第2弟2号)

**********************************************************

第19問 鉄骨鉄筋コンクリート構造

正解2

2×
柱の短期荷重時のせん断力に対する検討にあたっては、鉄骨部分と鉄笥コンクリート部分がそれぞれ分担する許容せん断耐力が設計用せん断耐力を下回らないようにする。

**********************************************************

第20問 構造計画

正解3

3×
設問の場合の4階の耐力壁のせん断補強筋比は許容応力度計算による検討をした場合でも、0.15%以上とする必要がある(平13国交1026号第6)
posted by ぜんぞ at 18:12| 一級建築士問題/H21/学科IV(構造) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

構造/回答11-15

第11問 鉄筋コンクリート構造

正解3

3×
一次設計時に用いる許容せん断耐力の低減率は、最小値を用いて算定する(平19国交告594号第1項第3号イ)

**********************************************************

第12問 鉄筋コンクリート構造

正解1

1×
設問における、変動幅力が作用する外柱の曲げ耐力及び靭性能は、同断面・同一配筋の内柱に比べ、変動軸力が犬きくなると、曲げ耐力及び靭性能が低下する。

**********************************************************

第13問 鉄筋コンクリート構造

正解3

3×
ヤング係数はコンクリートと鉄筋の平均値を用いるのではなく、コンクリートに対する鉄筋のヤング係数比に鉄筋断面積を乗じた値をコンクリート断面積に加えた等加断面積にコンクリートのヤンゲ係数を乗じて算定する。

**********************************************************

第14問 鉄筋コンクリート構造

正解1

1×
設問における柱梁接合部においてのせん断強度を高めるために、帯筋量を増やすことは有効な対応とされていない。

**********************************************************

第15問 鉄骨構造

正解2


SN490材の許容引張応力度は、板厚40mm以下の基準強度は325N/muであり、40mmを超え100mm以下のものは293N/muである(平12建告2464号第1)
posted by ぜんぞ at 18:11| 一級建築士問題/H21/学科IV(構造) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

構造/回答1-5

第1問 応力計算1

正解1

**********************************************************

第2問 応力計算2

正解2

**********************************************************

第3問 応力計算3

正解3

**********************************************************

第4問 応力計算4

正解4

**********************************************************

第5問 応力計算5

正解4

設問の主旨から、A、B、Cのトラス斜材の断面積によりPC平材の変位は特に大きな影響を受けず、水平材の軸方向力の大小に比例する。斜材の軸方向力によって生じる変位は垂直変位となる。
posted by ぜんぞ at 18:09| 一級建築士問題/H21/学科IV(構造) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

法規/回答26-30

第26問 バリアフリー新法

正解3

3×
バリアフリー新法19条、同法施行令24条により1/10が限度となるので誤り。

**********************************************************

第27問 耐震改修法

正解3

3×
耐震改修法8条1項では、建築物の条件は問わないので誤り。

**********************************************************

第28問 罰則

正解4

4×
法101条1項1号により、工事施工者も罰則の適用対象となる。よって誤り。

**********************************************************

第29問 関係法令

正解4

4×
特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法5条2項により,誤り。

**********************************************************

第30問 建築基準法・建築士法

正解4

4×
法5条の4第1項により誤り。設問の建築物は、建築士法3条の3第1項の規定により、建築士でなければ工事管理ができない。
posted by ぜんぞ at 18:05| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

法規/回答21-25

第21問 建築士法

正解1

1×
建築士法施行規則3条では、所属する建築士事務所の名称は登録事項としていないので誤り。

**********************************************************

第22問 建築士法2

正解4
4×
建築士法23条の2の規定により、その建築士事務所の所在地を管轄する都道府県知事に登録を申請すればよいので誤り。

**********************************************************

第23問 建築士法3

正解3

3×
建築士法22条の2、同法施行規則17条の36では3年となっているので誤り。

**********************************************************

第24問 都市計画法

正解1

1×
都市計画法12条の5第7項2号では、建築構造、建築設備等の制限を定めることができない。

**********************************************************

第25問 消防法

正解3

3設けなくてもよい
消防法施行令21条1項3号に該当しないので設けなくともよい。
posted by ぜんぞ at 18:04| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

法規/回答16-20

第16問 建築面積・延べ面積

正解4

建築面積は560u
延床面積は2520u

**********************************************************

第17問 建築物の高さ

正解2

設問の建築物には法56条1項1号の道路斜線、2号の隣地斜線、3号の北側斜線がかかる。また、2つの用途地域にあるが、建築物の敷地は第二種中高層住居専用地域内にあるので、当該地域の制限でA点の高さを算定する。

**********************************************************

第18問 防火・準防火地域

正解2

2×
法62条1項で耐火建築物とすることは要しない。

**********************************************************

第19問 建築協定

正解2

2×
法76条1項では、土地の所有者等の過半数の合意があればよいので誤り。

**********************************************************

第20問 避難施設等

正解4


令129条の13の3第5項で、30m以下とされているので誤り。
posted by ぜんぞ at 18:03| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

法規/回答11-15

第11問 木造住宅等の構造強度等

正解2

2x
令43条6項の規定で、有効細長比は150以下としなければならないので誤り。

**********************************************************

第12問 構造強度

正解3

**********************************************************

第13問 構造強度

正解4


令81条2項1号ロに規定する限界耐力計算は、令36条2煩2号の規定で耐久性等関係規定に適合する構造方法を用いる。耐久性等関係規定は令36条に列記されており、設問の鋼材の圧縮材の有効細長比(令65条)はそこから除かれているので、250以下とすることを要しない。

**********************************************************

第14問 道路等

正解3

3×
あらかじめ建築審査会の同意を得なければならないのは、法42条6項で幅員が1.8m未満の道が対象となる。したがって誤り。

**********************************************************

第15問 用途制限

正解1

1新築できない
法別表第2(ほ)項4号により新築してはならない。延べ面積が3,000m2を超えている。
posted by ぜんぞ at 18:02| 一級建築士問題/H21/学科III(法規) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。